newbieからバイナリアンへ

newbieからバイナリアンへ

昨日は海を見に行きました

【pwn 41.0】realloc-baseのmemory corruptionの古い小ネタと最近のtcache周りの小話

keywords

heap / tcache / realloc / double free / size confusion / 小ネタ

 

 

 

1: イントロ

最近、CTFを完全に辞めて、競プロをやることにしました。前から競プロできるひとかっこいいなぁと思っていたのですが、直接の動機はこの前のHITCONの問題でした。ここでダイクストラを使ったカーネルモジュールが出題されたのですが、アルゴリズム全然知らんマンなのでやる気がなくなってコードが読めませんでした。もともと数学は誇張抜きに小学3年生くらいしかできない(小学校は大部分行ってなかったので実質幼稚園並にしかできない)ので、それを克服するためにも頑張りたいです。

さてさて、ということで、今回は realloc を使った tcache double-freeに関する小さいお話を少し。 かなり古いネタ ですが備忘録的に書き残しておきます。

また、最近 glibc にちょっとしたパッチを送ったのを契機にglibcのメーリスを読むようになったので、そこで議論になっていたtcacheの小ネタを書きます。

(今までブログは丹精込めてHTMLをベタ書きしていたのですが、流石にめんどくさくなったので今回からブログのCSS似合うようなMD->HTMLコンバータを作ってMDで書いています。)

(ブログのCSSを調節しました。どこが違うか探してみてください。あと、今まで横幅が狭すぎたので、大きいディスプレイで見ると横幅が大きくなるようにしました。ならない場合は拡大率を90%くらいにしてみると多分なります。)

(昨日ptr-yudai disaster-level-Turing-proのブログを読んで、意外とfuzzerってシンプルなんだなぁと思ったので近い内に競プロ内で実践してみようと思います。(もっと事前にごついfuzzerを書いておいて、本番では問題に合わせてちょっとチューニングする感じかと思っていた)。) 

ptr-yudai.hatenablog.com

 

2: 概要

小学校で既に教わっていると思いますが、 glibc 2.29 以降では tcacehkey というメンバが加わっています。

malloc() する際にはここに tcache ( tcache_per_thread 構造体の方) の値が書き込まれ、 free() 時にこのアドレスに tcache のアドレスが入っていればmemory corruptionとしてエラーにするというやつですね。というわけで最近のglibcにおいては単純に二回続けて free() することでdouble-freeを起こすということはできなくなっています。

f:id:smallkirby:20201215035702p:plain

double-free detection

 

但し、 realloc() の場合には条件が揃うと簡単にtcacheを用いてmemory corruptionを引き起こすことができます。具体的には、以下の2つのことができます。

1. 複数のchunkを異なるサイズのtcacheに繋ぐことができる。( size-confusion )

2. 1を用いて隣接するchunkをoverwriteできる。 ( memory corruption )

 

3: realloc復習

そもそもに realloc がどういう挙動をするのか少し復習してみましょう。reallocの処理は、 __libc_realloc()_int_realloc() に大別されます。malloc/freeと異なり、 __libc_realloc() の方でも割とガッツリ処理が行われます。

__libc_realloc() においては、まず __realloc_hook を確認します。最初の段階ではここには realloc_hook_ini() のアドレスが入っており、内部でtcacheの初期化及びフックの初期化を行います。(因みに、ここでは __realloc_hook だけでなく __malloc_hook もクリアされます)。

そのあとで、要求された size が0である場合には __libc_free() を呼びます。普通にfree()を呼んだ時と挙動の違いは全くありません。また、渡されたポインタがNULLであった場合には __libc_malloc() を呼びます。これも、通常通りmallocを呼ぶのとdiffは全くありません。マルチスレッドである場合には、このあと同一関数内で全ての処理を行ってしまいます。シングルスレッドの場合には _int_realloc() に進みます。

_int_realloc() では要求されたサイズと現在のchunkのサイズに応じて処理が分岐します。

現在のサイズよりも要求サイズが大きい場合には、まず top から不足分を切り出そうと試みます。 top に隣接している場合には top を下げるだけで終わりです。また、隣接chunkと合併できるなら合併します。それもできない場合には、新たに _int_malloc() を読んで内容を memcpy() した後古い方のchunkを _int_free() します。合併を行った場合に要求サイズよりも大きくなってしまった場合は、残りのchunkにヘッダをつけて _int_free() を呼び出します。尚、残りのchunkのサイズが MINSIZE を下回る場合には新たなchunkにできないため諦めてヘッダだけつけて終わります。(つまり、どのbinにも繋がれず、topにも含まれていない完全に浮いたchunkができあがります、合ってるよね??)。

要求サイズが以前のchunkよりも小さい(若しくは等しい)場合には、単純にヘッダを書き換えた後、残りのchunkを上と同様にして再利用を試みます。

細かい分岐はありますが、概ねreallocの処理はこんな感じです。

 

4: どうやるか

本題(といっても小さい話だけど)。

ここでは、任意サイズのchunkを realloc() できるような状況を考えてみましょう。加えて free() もできるがフリーの後は保持しているポインタがクリアされて参照できなくなってしまうとします。(edit機能はなくてもいいです。あったら楽になります。というか、この方法をわざわざ使うまでもなくtcache-poisoningして終わりです。)

このような状況のときには、 realloc(ptr, 0) とすることでポインタをクリアすることなく free() ができるというのはすぐに思いつくと思います。UAFができあがるため、double-freeもできますが、した瞬間に最初に述べた key による検知で死んでしまいます。

さて、最初に「 free() 時に key にtcacheのアドレスが入っていると死ぬ」と言いましたがあれは嘘です。実際には key にtcacheのアドレスが入っていることを検知するとtcacheのlinked-listの全探索が始まります。この中に現在freeしようとしているchunkが既に入っていた場合に限ってabortされることになります。重要なこととして、この key による double-free検知の全探索は同一サイズのchunkにしか行われません 。そのため、 一度freeしたchunkを別のサイズとしてfreeした場合には全探索の結果として正常と判断されエラーが発生しません

実際の操作の例としては、最初に0x80のchunkを realloc() した後 realloc(0) をすることでポインタを保持したまま free をします(UAF)。これによってchunkは0x90のtcacheに繋がれます。このあと、同一chunkに対して realloc(0x20) をします。すると、上述した処理によってchunkは0x30サイズのものと0x60サイズのものに分割されます。この際、保持しているポインタが指すchunkの方のヘッダは0x90から0x30に書き換えられます。この後で realloc(0) 若しくは free() を行うと、保持していたchunkが0x30のtcacheに繋がれます。このときには key の値に0x90としてfreeした時に書き込まれた値が残っているためtcacheの全探索が始まりますが、このchunkは0x90のtcacheには繋がれているものの0x30には繋がれていないためエラーは発生しません。これで、同一のchunkが0x90と0x30の両方のtcacheに繋がれたことになります。

しかも、実際のメモリのレイアウト的にはこのchunkは0x30のchunkです。このあとで0x90サイズのchunkをとると、 0x30サイズのchunkを0x90として取ったことになり 、alloc時の書き込み機能が有るならばコレによって隣接するchunkに対して0x60分だけoverwriteすることができるようになります。

 

以上!!!

 

 

5: tcacheのfree時のinfinite-loop

小話。せっかくtcacheのfreeにおける全探索の話が出たので。

もともとtcacheはユーザランドにおける小さなメモリ領域の利用を高速化するためにglibc2.27で実装されたもので、速さのためにセキュリティチェックを甘くしてあります。これによって一昔前のCTFではtcacheにUAFさえあればもう終わりみたいな強力なものになっていました。最近では、上述したdouble-freeチェックや、glibc2.32から実装されるlinked-list encryption( safe unlinking )によりちょっとずつexploitの難易度が増してきています。

上の全探索はその経緯で実装されたものであり、一見すると同一サイズのリストだけでなく全サイズを探索してしまえば良いように思えますが、tcacheが実装された目的である速度のオーバーヘッドのために同一サイズだけをチェックしているという経緯があります。

さて、この全探索ですが、 探索の終わりの基準が「次のchunkへのポインタ(fd)がNULLである」ということしかありません

f:id:smallkirby:20201215103234p:plain

tcache全探索のループ実装

これが何を意味するかと言うと、仮に tcacheのlinked-list内にcyclic linked-listが出来上がっていた場合、探索が終わることがなくinfinite-loopに陥ってしまいます

このようなendless-loopを引き起こすようなPoCは以下のとおりです。(ver 2.32用にポインタをencryptしています.)

infinite-loop.c
#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>

unsigned long protect_ptr(unsigned long pos, unsigned long ptr){
  return (pos>>12) ^ (ptr);
}

int main(void)
{
  char *a,*b,*c;
  a = malloc(0x50);
  b = malloc(0x50);
  c = malloc(0x50);
  free(a);
  free(b);

  *(unsigned long*)(b) = (unsigned long*)protect_ptr(b, b);
  ((unsigned long*)c)[1] = ((unsigned long*)a)[1];
  free(c);

  return 0;
}

これを実行すると最後のfreeにおいてtcacheの全探索が走り、永遠に同じchunkを回り続けるためプログラムがハングします。

f:id:smallkirby:20201215042614p:plain

終わらない旅

tcacheは管理構造体( tcache_per_thread )において現在保持しているtcacheの個数をカウントしていますが、 これはtcacheからchunkを取れるかどうかと、tcacheにchunkをputできるかどうかという判定にしか使われていない ため、chunkの最大保持数(7)を超えてもループは回り続けます。

 

考えてみれば当たり前のことではあります。しかし、僕がある日競プロの問題を解いていて後少しでシェルが取れるという時にこのハングが起こりました。すぐにはこのループが原因であることが思いつかずに、他の原因を探して30分ほど無駄にしてしまいました。これはあってはならないことです。

というわけで、全探索のループに上限を定めるようにglibcにパッチを送りました。そもそもにこのようなことが起きるのは既にmemory corruptionが発生した後であり、影響としてもプログラムが止まるだけなので大した影響はありません。しかし、30分を浪費したことが許せなかったため、DoS attackに繋がり得るという理由をでっちあげてBugzillaにファイリングし、MLという面倒くさい手続きを踏んで修正しました。(たかだか数行のパッチがなんでこんなにめんどいねん)

 

というわけで、修正後の現在のmasterにおいてはループ実装は以下のように上限がかかっています。

f:id:smallkirby:20201215103848p:plain

現在のmaster(tcache2の"2"って何か分からんかったからつけなかったわ)

先程のプログラムを実行すると以下のようになります。

f:id:smallkirby:20201215042353p:plain

free(): too many chunks detected in tcache

なんと分かりやすいエラーメッセージ!!!

これで次から競プロ中に思わぬmemory corruptionでループが発生して時間を費やす時間がなくなったね!

 

 

 

6: tcacheの更なる強化

そんなこんなでglibcのMLに目を通すことが日課になったのですが、そのなかで以下のようなtcacheの強化がリクエストされていました。

https://sourceware.org/pipermail/libc-alpha/2020-December/120653.html

 

以下引用です。

Hmm... OK, I think I get it. It's not the 'e' we know, its the 'e' from

the previous call to tcache_get().

So basically, when we remove a chunk from the tcache, we want to

validate the pointer we're leaving behind?

patch.patch
 static __always_inline void *
 tcache_get (size_t tc_idx)
 {
   tcache_entry *e = tcache->entries[tc_idx];
   if (__glibc_unlikely (!aligned_OK (e)))
     malloc_printerr ("malloc(): unaligned tcache chunk detected");
   tcache->entries[tc_idx] = REVEAL_PTR (e->next);
+  /* Validate the pointer we're leaving behind, while we still know
+     where it came from, in case a use-after-free corrupted it.  */
+  if (tcache->entries[tc_idx])
+    * (volatile char **) tcache->entries[tc_idx];
   --(tcache->counts[tc_idx]);
   e->key = NULL;
   return (void *) e;
 }

 

代入するわけでもなく、変更するわけでもなく、ただtcacheにアクセスするだけの行が tcache_get() に追加されています。端的に言うと、このパッチが当てられると tcacheからchunkを取る時に、取る対象のtcacheだけでなく、その次のtcacheのアドレスもvalidなものでなくてはならない ようになります。

これが迷惑になる例としては、例えば leak-less な状況で tcache-poisoning によって stdout を書き換えたいというようなときに、 stdout 直上にchunkを取った後のlinked-listには stodut.flag の値が入ります。この時使ったchunkと同じサイズのchunkをどうしても使いたいという場合には同一サイズのchunkをfreeして繋いだ後もう一回allocすることになると思いますが、このとき取得するchunkの次のchunk(つまり取得するchunkのfd)は stdout->flag の値( 0xFBAD2084 とか)であり大抵のプロセスの場合不正なアドレスであるため、死ぬことになってしまいます。

 

 

まぁ、これ自体は大した変更ではないし害になるようなものではないですね。けど、tcacheが速さ目的で実装されたもののはずなのに、どんどんセキュリティ機構をもりもりにしていっています。だったらtcache辞めちゃえばいいのにね。嘘です。ごめんね。

 

 

7: アウトロ

というわけで、realloc-baseのsize-confusionの話と、tcache周りの小話でした。

tcacheに限らず、どんどんheap周りのexploitは難しくなっています。

だから僕は、pwnを、辞めた。 (ヨルシカ風)

 

8: 参考

1: ニルギリ

https://www.youtube.com/watch?v=yvUvamhYPHw

2: 勘ぐれい

https://www.youtube.com/watch?v=ugpywe34_30

3: ほのぼの

https://blog.hideo54.com/archives/1020

 

 

 

 

続く...

 

 

You can cite code or comments in my blog as you like basically.
The exceptions are when the code belongs to some other license. In that case, follow it. Also, you can't use them for evil purpose. Finally, I don't take any responsibility for using my code or comment.
If you find my blog useful, I'll appreciate if you leave comments.